FC2ブログ

*All archives  *Admin

2008.08.10 (Sun)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第18話「第二次東京決戦」

ギアスが生み出す負の連鎖。

スザクにかけられた「生きろ」というギアス。
今まで主人公格のキャラクターの割りにはあまり物語には生かされてないなぁと思っていたんですけど、なるほど・・・こう繋がるのね?
これはちょっと予想出来なかったなぁ・・・。

現実世界でいう核爆弾だと思われるフレイヤは、「罪を赦すこと」によって負の連鎖を断ち切るという作品テーマにおける最悪の敵。
だから、ルルーシュやスザクだけに限らず、どんな人物であろうと使用してはならないものだったと思うんです。
誰かが使用した時点でバットエンドルート突入。フレイヤを使用するか否かで結末が大きく分岐する、そういうアイテムだったはずです。

今回興味深いのが、スザクが本当の意志でフレイヤを使用したという訳ではないということ。
自らの贖罪の為に死ぬ理由を探して生きてきたスザク。
「生きろ」というルルーシュのギアスによって歪まされた信念が生み出したのが今回の悲劇です。

間接的ではあるにしろ、ルルーシュはギアスによって最愛のナナリーを殺してしまった訳ですからね。
それと同時に(実際に血は出ていませんが)、スザクに人殺しを強制させてしまった。

つまり、ルルーシュは「血染めのユフィ」ならぬ「血染めのスザク」にしてしまった、自分の知らないところで罪を繰り返してしまった訳です。
前シリーズを連想させるシーンが多いR2ですが、今回は22話を踏襲したストーリーだったんですね。

普段は各地でウゼぇウゼぇと非難フルボッコなスザクですけれども、さすがに今回を見て罵声を浴びせる視聴者はいないでしょう。
あれだけフレイヤを使用する事を拒んでいたにも関わらず、自分の意志とは関係なく手を血に染めてしまったスザク。
否応なく人を殺してしまった、いわば傷付ける側の悲劇ですね。
そして、自分の気付かぬところでスザクに人殺しをさせてしまったルルーシュもまた、傷付ける側の悲劇です。




フレイヤがトウキョウ租界に落とされた事によって、いよいよクライマックス突入といったところでしょうか?
今回死亡したレギュラーキャラクターはナナリー、咲世子、ローマイヤ、グランストンナイツの生き残り達、ギルフォード、朝比奈、ルキアーノ。
・・・終盤のガンダム00並みの死亡率だw

ナナリーという作品の軸の様な存在が、あんなにあっさり死んでしまうのもアレなので、何らかの理由で生きていないかなぁとか思ったり。
・・・助けるにも核兵器じゃどうしようもないよなぁ・・・ハァ。

シリーズ中盤で驚くべき活躍を見せてくれた咲世子さんもここで退場。中の人、ラジオどうするんだろう?w
ローマイヤ、グランス㌧はどうでもいいとして、ある意味ギルフォードが一番救いが無さ過ぎる死に様だった気がする。
命に代えてもコーネリアを守る事を誓っていたギルフォード・・・お前が死に際に守った相手は姫様じゃないんだよ!うわー切ねぇ。
そして朝比奈も死亡。藤堂さんに託したものが何かは分からないけど、それが騎士団裏切りのきっかけになるんだろうなぁ。
四聖剣もついに千葉さんを残す一聖剣に成り果ててしまいましたね。彼女だけは何とか死なないで欲しい。

その代わり、ようやくカレンが戦線復帰。
何だかジノと良い雰囲気ですが、1期の初っ端から登場していたメインヒロインの一角が2期から登場した新キャラとくっつくと思うと、ちょっと釈然としないかも。
ジノは好きなキャラではあるんですけどね。なんか、グレンラガンでヨーコとキタンが最終的にくっついた時に感じた蟠りに凄く似てるw
まあ、まだ仄めかされているだけなので、長い目で見守っていこうかと思います。

今後、スザクとルルーシュの関係は悪化していくばかりでしょうね。
スザクは「生きろギアス」をかけたルルーシュへの憎しみを増幅させると同時に、
ユフィの様にギアスの力に打ち勝てなかった自分を責め続ける様な気がします。
ルルーシュも自分のかけた「生きろギアス」が悲劇の火種だと知ったら、今度こそ本当の本当に精神崩壊しそうですよね。
次回予告を見る限り、彼が悲劇の源が何なのかを知るのはまだまだ先みたいです。

次回、「裏切り」。タイトルからして騎士団崩壊は免れないでしょうね。
フレイヤを政庁で放った事でスザクの方もまた、一部を除いて居場所がなくなると思うので、
最後はルルーシュとスザク、2人の孤独の戦いが描かれると予想します。

にほんブログ村 アニメブログへ

↑宜しければ一押しお願いします。
スポンサーサイト



【編集】 |  19:08 |  コードギアス 本編感想  | TB(15)  | CM(8) | Top↑
 | HOME |